通販で買えるヤーズとアフターピルの、同じピルでもまったく違うところ

ヤーズの購入はこちら
通販を利用する女性 ヤーズは、女性の間でもけっこう有名な低用量ピルの1つです。

日本の産婦人科でも、ヤーズを取り扱っている所はよく見かけられ、私を含めた何人もの女性がヤーズに救われているんだということがわかります。

低用量ピルを飲み始めるきっかけはひとそれぞれ違うと思いますが、一度低用量ピルを飲み始めると、その後はしばらく日課として飲み続けるという女性がほとんどだと思います。

ヤーズを始めとする低用量ピルは、それだけ女性の体に役立つアイテムなのです。

しかし前述したことだと思いますが、一口にピルといってもいろんな種類があります。

その中でも、低用量ピルでは特に多くの種類が作られているように見えます。

ピルの中でも、低用量ピルは最も重要視されている種類ということなのでしょうか?

通販で買えるヤーズとアフターピルの違いはここにある

薬のイメージあまり普段の生活で聞き慣れないだけで、女性にとって重要なピルは低用量ピル以外にもあります。

その1つが『アフターピル』です。

日常的に活用されるヤーズとは違って、アフターピルは緊急時に活躍してくれるピルです。

同じピルという名前がついており、どちらも避妊効果を持っていますが、その活用場面や効果にはかなりの違いがあります。

ヤーズとアフターピルの持つ効果と役割の違いについて、取り上げて説明します。

ヤーズの効果はゆっくり

ヤーズには、少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されています。

この少量の女性ホルモンで作られた錠剤を約1ヶ月かけて毎日服用することで、ヤーズの避妊効果は完了します。

ヤーズの成分が体内に入ると、体が妊娠したような状態になって子宮頸や子宮内膜の状態が一時的に作り変えられます。

この効果によって、排卵が抑えられたり受精卵が着床しにくくなり、結果的に妊娠しにくい状態の体が保たれることになるのです。

このように、女性ホルモンを続けて摂取することで体に変化は起こりますが、ヤーズは24日間という時間をかけてゆっくり変化していくので、女性の体にできるだけ大きな負担がかからないようになっています。

毎日の服用の積み重ねで、着実に避妊の状態を完成させるのがヤーズの効能です。

ヤーズの注意点

ヤーズは体に負担がかかりにくいよう作られていますが、それでも副作用に悩まされる女性も中にはいます。私自身も、ヤーズの副作用を体感した1人です。

私の副作用は胃もたれや不正出血で済みましたが、中には頭痛などを経験する人もいます。ヤーズを飲んでいる間は擬似妊娠状態になっているので、体が少し不調になるのは当然のことかもしれませんが…。

また低用量ピルの副作用として、大きなリスクがあるのが血栓症です。

滅多に起こる副作用ではないはずですが、低用量ピルを使用する上で血栓症の危険性は無視できないものです。

中には、もともと血栓症になりやすい体質という人もいると聞きます。

不安な人、もしくは血栓症に心当たりがある人は、ヤーズを使う前に一度血液検査を受けることをおすすめします。

アフターピルの効果は、強く早めに

通販を利用する女性アフターピルには、黄体ホルモンだけ配合されています。ヤーズに比べて、1錠分に含まれた有効成分が多めです。

それは、アフターピルの効果は一刻を争うものだからです。

アフターピルが活用されるのは、性行為で避妊が失敗した時です。

コンドームが破れていたり、コンドームを着けずに性行為をしてしまったり、ちょうど低用量ピルの効果が切れている時だったり、性犯罪に巻き込まれたり…

そんなさまざまな理由で避妊が間に合わなかった際に、活躍するのがアフターピルなのです。

アフターピルの効能はヤーズと違って、女性ホルモンを一度に多めに摂取することで、体の環境を急速に変えていくのが目的です。

避妊に失敗した72時間以内にアフターピルを服用すれば、大量の黄体ホルモンによって体内の状態が変化し、受精卵の着床を邪魔できます。

72時間というのは、卵子と精子が出会って受精卵になり、子宮内膜に着床するまでにかかるおおよその時間を指しています。

受精卵が着床した時点で妊娠は成立します。逆に言えば、着床を邪魔できれば妊娠は避けられるのです。

このように、アフターピルは性行為の後にできるだけ早く服用する必要があること、避妊効果が短時間で訪れることがヤーズとの大きな違いといえるでしょう。

アフターピルの注意点

アフターピルは、あくまで緊急用の避妊薬だということを覚えておかないといけません。

アフターピルは短時間で体内に変化を与えますが、つまりそれだけ体に急激な負担をかけてしまうことになります。

なので、ヤーズに比べて副作用が現れやすくなっています。

アフターピルで血栓症を起こした事例はあまりありませんが、頭痛や腹痛、吐き気などの症状は多く報告されています。

避妊できるからといって、あまり頻繁に使わないようにしてください。

ヤーズとアフターピルはそれぞれ活躍する場面が違う

ヤーズのパッケージ毎日服用することで避妊を完了させるヤーズ。いざという時に性行為の後でも妊娠を回避するアフターピル。

それぞれ活躍する場面に違いはありますが、どちらも避妊対策において重要なピルということは間違いありません。

また、ヤーズもアフターピルも通販で購入できます。

ヤーズとアフターピル、それぞれの効果を理解できたら、自分の体を守るために活用していきましょう。

ヤーズの購入はこちら

コメント