通販で買えるヤーズの副作用・血栓症のリスクとは?

ヤーズの購入はこちら
副作用に悩む女性 私はヤーズを使い始めて、女性の体にとって嬉しいいろんな効果を体感しました。ヤーズはたいてい避妊薬というカテゴリーで扱われているようです。

もちろん避妊薬としても優秀なヤーズですが、ヤーズを使う女性がみんな避妊目的というわけではなく、私のように生理痛を抑えるためとか、肌荒れを治すためなどといった目的で使っている人がいるということももっと広がってほしいと感じます。

ヤーズを使って、体調の悩みを改善できる女性が増えたらいいですね。

ですが、誰もがすぐにヤーズを使い始められるわけではありません。ヤーズを始める前は少しでも検査を受けた方が安心ですし、検査を受けるとなるとまず病院に行かなければいけません。

それに副作用の説明など、ヤーズを使い始める前に知っておくべきことはいくつもあります。

ヤーズに興味があるという人は多少のリスクがあることも知った上で、低用量ピルライフを始めることをおすすめします。

通販で買えるヤーズの副作用・血栓症について

副作用に悩む女性すでにお伝えしたことですが、ヤーズの副作用の1つに『血栓症』という病気があります。

これはヤーズに限らず、低用量ピルとよばれる薬のほとんどが引き起こす可能性のある病気です。

ピルの副作用の中でも、1番深刻な症状といっていいでしょう。

そう頻繁に起こる症状ではないといっても、自分には絶対に起こらないなんて誰にも断言できないので、ヤーズを使い続けようと考えているなら詳しく知っておいてください。

血栓症はホルモン成分で血が固まる病気

血栓症について改めて詳しく説明すると、血管の中で血が詰まって起こる症状です。

なぜ血が詰まるのかというと、ヤーズを含む低用量ピルに使われているホルモン剤に、血液を固めやすくする作用があるからです。

血栓症は、普通に生活していれば滅多に起こる病気ではありませんが、低用量ピルを服用していたり長時間身動きが取れない環境にいたり、妊娠していたりすると発症するリスクが上がります。

また、煙草には血流を悪くする作用があるので、喫煙者の血栓症リスクはさらに高いものになっています。

ヤーズを使用できない人の条件に『妊娠中の人』と『1日15本以上の喫煙がある人』の項目が見られるのは、血栓症のリスクを高める恐れがあるからです。

血栓症は死亡した事例もいくつか見られている、危険な病気です。

もしも血栓症のような症状が現れたら、早めに対処することが大切です。

血栓症の症状とは

通販を利用する女性血栓症になると、多くの症状が現れます。

幸いなことにほとんどの症状が目に見えて現れるものなので、血栓症の発症に気づくきっかけは何度もあるのではないかと思います。

後は、自分や周りにいる人が症状に気付けるかどうかです。

血栓症の症状にどんなものがあるのか、理解しておきましょう。

・手足の痛み、しびれ、むくみ

・左右どちらかの手足に脱力感がある

・強い胸の痛み

・激しい頭痛

・急な息切れ

・めまい、失神

・舌のもつれなど(言語障害)

ヤーズを飲んだ後に少しでも心当たりのある症状、あるいは異常に感じることがあれば、症状が悪化する前に病院に行くようにしてください。

血栓症を起こさないために心がけること・血栓症予防を知っておく

ピルを飲む女性血栓症になる可能性、危険性を少しでも低く抑えておきたい人のために、血栓症の予防につながるポイントをお伝えします。

これらのポイントはヤーズを飲み始める前から心がけておくべきこと、そしてヤーズを飲んでいる最中にも心がけておくべきことです。

禁煙する

喫煙を続けている間は、どうしても血栓症の可能性が高い状態です。

そこにヤーズを投与してしまうと、やはり血栓症が起こりやすい体になってしまう恐れがあります。

ヤーズを飲み始めるにあたって、禁煙することが1番の安心です。

定期的に血液検査を受ける

ヤーズを飲んでいる以上、飲んでいないしていない人に比べて血栓症の可能性は高い状態です。

少しでも血栓症のリスクを抑えるためには、定期的に血液検査を受けて、体の健康状態を確認することです。

水分補給をする

日常の中で、定期的に水分補給をするようにしてください。

血液は約80%が水分でできています。体の水分が不足すると血液の濃度が上がり、固まりやすい血液になってしまいます。

のどが渇いた時に一気に飲む、ではなくこまめに飲むのが理想的です。

長時間同じ体勢でいない

座りっぱなしだったり横になりっぱなしだったり、長時間同じ体勢でいないように日々心がけましょう。

同じ体勢でいると、血行が悪くなって血液が固まりやすくなります。

仕事先で同じ姿勢でいることが多いという人も、こまめにストレッチなどをして体をほぐしましょう。

初期症状が出たら病院

ヤーズのパッケージ手足の痛み・しびれ・むくみは、血栓症を発症した最初の段階でよく現れる症状です。

この時点で様子を見続けていると、症状が変わった頃にはもっと危険な状態になっている可能性があります。

初期症状が現れたら病院に行くようにしてください。

ヤーズの購入はこちら

コメント