通販で買える低用量ピル・ヤーズとマーベロン、トリキュラーの違いについて

ヤーズの購入はこちら
通販を利用する女性 私を含め、多くの女性の体にとってヤーズのような低用量ピルがとても重要な薬になりつつあります。

ヤーズを頑張って飲み続けるだけで、女性の体に現れる特有の悩みが改善されていくので、一度飲み始めたらヤーズ無しの生活に戻ろうと思う人は少ないと思います。

ところで、私はヤーズ以外にもいくつか低用量ピルを使った経験があります。

その中でも私の体に1番しっくり来たのがヤーズで、今でも使い続けています。

低用量ピルには、メーカーによっていくつも種類があるのです。

ここで、ヤーズ以外の低用量ピルを紹介しながらヤーズとの違いを見てみましょう。

通販で買えるヤーズ以外の低用量ピル・マーベロンとトリキュラーを比較してみる

通販を利用する女性低用量ピルの定義は、1錠あたりに0.05mg以下の卵胞ホルモンが配合されていることです。

この定義に従い、低用量ピルとよばれるピルのすべてには、エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンが1錠あたり0.05mg以下の分量で配合されています

詳しくいえばヤーズは低用量ピルよりも超低用量ピルといわれるタイプのピルで、低用量ピルよりも卵胞ホルモンが少なく配合されています。

エチニルエストラジオールの成分は、すべての低用量ピルに共通の条件だと考えて問題ありません。

では、低用量ピルにはそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?同じ低用量ピルなのに、種類によって相性の良し悪しがあるのはなぜでしょうか?

今回は、ヤーズとの違いがわかりやすい2つの低用量ピル『マーベロン』と『トリキュラー』を例に比較します。

どちらもヤーズと同じ低用量ピルで、産婦人科でも取り扱われている人気のピルです。

低用量ピル・マーベロンについて

卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンのデソゲストレルを配合して作られた低用量ピルです。

21錠タイプと28錠タイプの2つがあります。休薬期間を挟みたい人は21錠タイプ、服用の習慣を身につけたい人は28錠タイプ、使いやすい方を選んで使えます。

低用量ピルの中でも、マーベロンは特に副作用が起こりにくいピルです。

他の低用量ピルが合わない人でも、マーベロンなら大丈夫だったという声が多く上がっています。

低用量ピル・トリキュラーについて

卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンのレボノルゲストレルを配合して作られた低用量ピルです。

こちらもマーベロンと同じく21錠タイプと28錠タイプの2つがあるので、休薬期間を挟みたい人と服用の習慣を身につけたい人でそれぞれ使いやすい方を選ぶことができます

トリキュラーは産婦人科でも特に人気が集中しているピルで、知名度も比較的に高いです。

ヤーズ、マーベロン、トリキュラーの違いを検証

通販を利用する女性ではヤーズとマーベロンとトリキュラー、3つの低用量ピルを比較して違いを検証してみました。

配合されている黄体ホルモンの違い

それぞれ配合されているホルモンに違いがある、という点にすぐ気づいた人もいるのではないでしょうか?

ヤーズにはドロスピレノン、マーベロンにはデソゲストレル、トリキュラーにはレボノルゲストレルといったようにそれぞれ配合された黄体ホルモンが違うのです。

これは、わずかな作用の違いや開発された時期によって黄体ホルモンが種類分けされているからです。

合成で作られた黄体ホルモンにはいろんな名前がついていますが、総称ではプロゲステロンとよばれます。

プロゲステロンはこれまでに何度も開発され、開発された順番に第○世代とつけて区別されています。現在は第4世代まで発表されています。

この種類分けでいえば3つの低用量ピルの成分は

レボノルゲストレル(トリキュラー):第2世代デソゲストレル(マーベロン):第3世代

ドロスピレノン(ヤーズ):第4世代

このようになっており、3つとも世代の違う黄体ホルモンを含んでいることがわかります。

黄体ホルモンの違いによって避妊の作用がわずかに強かったり、副作用の現れ方に違いが見られることもあるようです。

このことから、同じ低用量ピルでも自分に合ったものを選ぶべきだといえるでしょう。

1シート内にある成分量の変化の違い

通販を利用する女性ヤーズとマーベロンはいわゆる1相性ピルですが、トリキュラーは3相性ピルという違いが見られます。

低用量ピルには1相性、2相性、3相性という種類も存在します。

これは、錠剤に配合された成分量の変化の違いです。

1相性は、1シート内の錠剤がすべて一定の成分量で作られているという意味になります。

2相性は、1シート内の錠剤に2段階の成分量の変化があるということです。

同じく3相性では、1シート内で3段階の成分量の変化があることになります。

成分量に変化がついた3相性ピルは、体の微妙な変化に対応してくれるので体への負担がより少なくなります。

変化のない1相性ピルは、偽薬以外ならどの順番で飲んでも成分量は同じなので、服用の順番を間違える心配がありません。

こちらも、自分の体質に合わせて選んだ方がいいでしょう。

飲み方の違い

ヤーズのパッケージヤーズは24日間+4日間の偽薬期間というペース配分で飲むピルです。

この飲み方は、低用量ピルの中でもかなり独特のペース配分になっています。

マーベロンは21日間+7日間の休薬期間か、もしくは偽薬期間を含めて28日間飲み続けるという飲み方です。

トリキュラーもマーベロンと同じく21日間+7日間の休薬期間か、偽薬を含めた28日間の服用になっています。

ただしトリキュラーだけは3相性ピルなので、必ずシート内で決められた順番どおりに飲むように注意しなければいけません

ヤーズの購入はこちら

コメント